DEVELOPMENT&TECHNOLOGY 開発・技術情報 DEVELOPMENT&TECHNOLOGY 開発・技術情報

TUNABLE LIGHT SOURCE LED波長可変光源(チューナブルライトソース)

1チップ上に異なるLEDを配置した小型光源です。搭載するLEDはお客様のニーズに合わせて変更可能につき、用途に応じてオリジナルの光源を作る事ができます。

蛍光顕微鏡や品質検査工程のカメラ用光源など、様々な波長の光を切替ながら使う場面において、光源の小型化、作業効率の向上に貢献します。


メリット
多灯式の光源を1チップにまとめる事で小型化に貢献
LEDごとに出力の調整が可能
光学系の共有部の増加が可能

▲LED波長可変光源(光源ユニット部)

搭載LEDの組み合わせは多種多様

3種類のLEDはお客様のニーズに合わせて変更可能です。例えば3種類全てを紫外域のLEDにする事で、紫外領域に特化した光源をつくる事も可能です。

対応波長:深紫外線(UV-C)~近赤外線(NIR)


アレンジ事例
パターン① 紫外特化バージョン(265nm, 285nm, 300nm)【用途例】劣化試験用光源
パターン② 可視特化バージョン(4000K, 5000K, 6000K)【用途例】照明・観察用光源
パターン③ マルチバンドバージョン(UV+VIS+NIR組み合わせ)【用途例】検査機用光源

UV+VIS+NIR光源構成時 各種光源効果

光源ユニットの上部に拡散板を設置したデモユニットです。光源の上に手をかざし、UV、VIS、NIR各種光源での見え方について、デモンストレーションを行いました。


デモユニット補足
デモ用光源は、アレンジ事例のパターン③ マルチバンドバージョン(UV(365nm)+ VIS(可視光ブロード, 5500K)+NIR(945nm))です。
UV光での励起発光をわかりやすくする為、蓄光パウダーをジェルネイルに練り込み、つけ爪に塗布しています。
NIR光源では赤外線カメラで撮影する事で、指の血管が透けて見えているのがわかります。
  • ▲デモユニット全体像

  • ▲光源ユニット部(拡大)

     
  • ▲UV(励起発光観察)

  • ▲VIS(通常観察)

  • ▲NIR(透過、特定成分観察)

  • ▲NIR光源選択時の赤外線カメラ画像

▲マルチバンドバージョン光源 波長モデル(UV(365nm)+ VIS(可視光ブロード, 5500K)+NIR(945nm)

光源セット寸法

  • ▲(左)コントローラ部 (右)光源ユニット部

基本仕様(※)
使用電圧:AC100V~240V
セット内容:光源ユニット、コントローラー、光源~コントローラー接続ケーブル、電源ケーブル
外部コントロール:PCと連動(準備中)
LED波長:深紫外線(UV-C)~近赤外線(NIR)

※仕様はお客様のご要望に応じて変更可能です。
※上記内容は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

各製品の機能に関する意見、このような機能が欲しいといったご要望がございましたら、
下記リクエストフォームからお送りください。

REQUEST